依頼する魅力

離婚をする場合は、まず夫婦による話し合いである、協議離婚が行われます。それで解決しない場合は、家庭裁判所での調停になります。こちらは調停委員会が中心になり、いずれの場合も、どうしても弁護士が必要ということはありません。 ただし協議離婚で、相手が話し合いに応じないなどの場合は弁護士に頼むということもあります。また調停でも、弁護士に依頼すると書類作成をしてくれたり、アドバイスをしたりしてくれます。このような場合は、大体上限50万円ほどが弁護士費用になります。それ以外に、事務所での相談費用で30分辺り5400円がかかります。しかし今では相談料が無料である、あるいはプランを儲けて、お手頃な金額で依頼できる所も増えています。調停で合意しない時は訴訟となり、これは上限が100万ほどになることもあります。

元々我が国では、離婚方法としては協議離婚が一番多いです。それがうまく行かなかった場合に、家庭裁判所で調停、それでもダメな場合は訴訟という順番になっています。調停の場合は、夫婦のどちらかが裁判所に申し立てをするわけですが、費用が数千円程度しかかからず、しかも合意した場合の調書が、法的効果が強いといった点がメリットです。 この調停離婚は、かつては申し立てをされた側の住所にある裁判所でしか出来ず、また、遠隔地であっても必ず調停に出向かなければならないものでした。しかし関連法が変わったため、夫婦いずれかの住所にある裁判所で行えるようになり、遠隔地に住んでいる場合は電話会議方式で出来るようになり、また、子供も参加できるなどといった点で改善が見られるようになりました。