保険会社の存在

交通事故は示談による解決が一般的です。示談とは被害者と加害者の会合であり、一切の遺恨を捨てる事が目的です。遺恨は被害者側が持つため、加害者から被害者に対して示談金の支払いが行われます。示談金を使って交通事故で受けた、肉体や精神のダメージを回復させるのです。 しかしながら実際に示談金の支払いを担当するのは、加害者が契約している保険会社になります。そのため話し合いには保険会社が臨みます。加害者の代わりに保険会社が代理交渉を務めるのです。 保険会社は事故の事を知っていますが、被害者に同情的な立場を取りません。むしろ示談金の支払いを安く済ませる事を狙っています。そのため被害者の受けたダメージを小さいものと扱う傾向があるのです。

示談の話し合いに準備をせずに臨む場合、被害者と保険会社の話し合いで支払われるお金が決定します。被害者が交通事故に対して精通していれば大丈夫ですが、多くの人はほとんど交通事故について無知です。それに対して保険会社は交通事故のプロフェッショナルのようなものです。 示談を有利に進めたいなら、被害者側もプロを雇うべきと言えます。そういう事態に便利なのが弁護士です。弁護士は雇い主のために全力で戦ってくれます。弁護士は法律のプロであり心強い味方になってくれるのです。 しかし弁護士に依頼するためにはお金が必要になります。よって小さい事故だと支払われる示談金もわずかなので、投資したお金を回収できません。大きな事故の場合に弁護士を活用すべきです。